訪問歯科の診療内容

 

入れ歯の修理、調整、作製

お困りごとその1

入れ歯

入れ歯が合わない

入れ歯の修理、調整、作製

入れ歯のお困りごと、解決します!

合わない入れ歯ほど辛いものはありません。
でも、ついつい我慢されている方が多いのが現状です。

でも、入れ歯が合わないと食べられるものが限られますし、何よりも食事を楽しむことが出来ません。
入れ歯をしているところの歯ぐきの状態は、変わっていくため(よく言う「歯ぐきがやせる」ということです)入れ歯の調整は必須です。
当院では、定期手なお手入れをお勧めしております。

もちろん、入れ歯の制作も承っております。
当院では、入れ歯を作った後の調整が少なくてすむ入れ歯を目指しております。
その分出来上がるまでに回数はかかりますが、ご好評をいただいております。

入れ歯のトリビア

入れ歯のトリビア

高齢者施設にいる高齢の女性の話です。
胃ろう(胃に小さな穴を開けて、そこから直接水分や栄養分をいれること。飲む込む力がない、むせて誤嚥性肺炎になりやすい人に施術する)にしました。
胃ろうにしてから、認知機能が低下し、周りの人ともあまり話さなくなったそうです。

噛むことで頭がハッキリすることがあるという記事を新聞で見たご家族が、訪問歯科をやっている歯科医師に相談しました。
診断の結果、「胃ろうにした事で、噛んで食べていなかったため、咀嚼筋(そしゃくきん:噛むときに使う口の周りの筋肉)が衰えて使えなくなっていた」とのこと。

そこで訪問歯科の先生が下記のようなケアをしました。

  • ・ 噛める入れ歯に調整
  • ・ 口腔ケア(お口の中を清潔にする)
  • ・ 噛むリハビリ
  • ・ 舌(した)のリハビリ
  • ・ 口の中を刺激(唾液腺を刺激)

いずれも医療費&患者さんの負担が少ない「入れ歯の調整」と「摂食(せっしょく)機能療法」をしました。

その日に、りんごの薄切りを前歯で噛めるようにりました。
半年後、普通の食事が自分で食べられるまでに回復しました。
一年後、周りの人との会話が増えて、食欲が旺盛になってすっかりふくよかな体つきになったとのこと。

ウソみたいな話ですが、これくらい入れ歯が合う事、噛める事は大事なのです。

歯が抜けて噛めなくなると、認知症のリスクが2倍に高まるという厚生労働省の研究結果もあります。

健康寿命を延ばすことに、噛むことは密接に関係しているのです。

「こんなことで歯医者さんにうちに来てもらうのは申し訳ない」
そんなこと思わずに、気軽にお問い合わせくださいませ。

入れ歯のトリビア

初回検診を実施しています

当院の診療方針について

訪問エリアのご案内

訪問診療や治療に関するご予約・お問い合わせ・ご相談は04-7159-1818